個人やフリーランスが資金繰りを行える方法をご紹介したいと思います。

MENU

個人事業主・フリーランスでも可能な資金繰り

 

個人事業主・フリーランスの資金繰りの有無は以下のようになります。

 

  • ファクタリング…個人事業主・フリーランス対応の業者を使えば可能
  • 銀行融資、ビジネスローン…黒字決算が必要で審査次第
  • 募集株式の発行…株式会社ではないので不可(ビジネスモデルがあり法人設立する場合は別)
  • カードローン…黒字決算で審査に問題がないか、すでに発行済みのカードローンがあれば可能
  • クレジットカード現金化…個人名義でショッピング枠のあるクレジットカードがあれば利用可能

 

個人事業主・フリーランスでも、税申告上、利益が出ていれば法人と比べて資金繰りの選択肢はあまり変わらないです。個人単位の小規模ビジネスは税金対策を含めて申告上の利益が少ないことを理由に資金繰りで苦労する事例が多いです。

 

 

 

ファクタリングは個人事業主から人気

 

一部では民間ファクタリング業者でも個人事業主に対応していないところもありますが、最近は個人事業主・フリーランスOKのファクタリングは増えています

 

売掛先が法人で信頼できるところであれば、ファクタリングするにあたって法人より条件の不利になることはありません。

 

大手の元請けで仕事をしている場合に検討する価値は高いです。
ファクタリングであれば、開業後まもなくても資金繰りで活用できます。
審査は主に売掛先の信用によって行われます。
取引金額が大きければ、まとまった資金調達も可能です。

 

個人事業主・フリーランスは借入審査に通っても少額利用を条件にされることも多いので、売掛債権の金額と確定申告上の利益の関係によってファクタリングを利用する価値は変わってきます

 

 

 

借入審査に通る基準

 

希望する借入額と事業の運営期間によって審査の通る可能性は変わります。
直近2年分の確定申告で相応の利益が出ていることが望ましいです。
売上だけではなく、毎月安定利益の出ていることや、青色申告を行っているかも重要になってきます。

 

近年は銀行融資を中心に利益や税金滞納有無だけではなく、年金を払っているかもチェックするところが増えています

 

個人事業主やフリーランスは本業ではなく、会社員として働きながらダブルワークでやっている場合もあります。
給与収入があれば、ビジネスローンではなくフリーキャッシングで資金調達できることもあります。

 

 

 

クレジットカード現金化もオススメ

 

クレジットカード現金化を勧める男性

クレジットカードのショッピング枠は新規発行時の審査には勤務先や年収を審査されますが、利用後の限度額増額審査は収入ではなくカードの利用実績を重要視されます。

 

赤字決算の個人事業主やフリーランスでも、カードを使って遅延なく返済している実績があれば増額対応をできるので、資金繰りの改善で重宝されています。

 

これから起業を検討している人は、給与所得があって申込審査に問題ないうちからゴールドカードなど最高限度額の高いカードを作っておくと安心です。

 

自由に借入を繰り返し利用できるカードローンも審査に通るうちに作ったり増額申請しておくと便利です。

 

赤字でも利用することの可能な資金調達方法はある?