ファクタリングは、手数料が3社間と2社間でそれぞれ異なります。

MENU

手数料・金利を比較してみた

 

手数料・金利を比較する人

ファクタリングは金利による利息は発生せずに、買取額に対して一定割合で差し引かれる手数料がかかります

 

資金調達において、銀行融資など他の方法と比べてコストはどうなのでしょうか?
1,000万円を資金調達した場合にかかる手数料を比較してみました。

 

 

ファクタリングの手数料

 

ファクタリングの手数料は3社間で3~8%2社間で5~20%が相場です。
売掛金を買取してもらった日から本来の支払い日までの期間に応じて利息に換算した時の数字は異なります。

 

ケースバイケースで1日あたりにかかる手数料は変わりますが、参考までに一例をご覧ください。

 

 

3社間ファクタリング5%で翌々月支払いの売掛債権をファクタリング(診療報酬ファくタリングなど)
売掛債権 1,000万円
掛け目 90%(900万円)
手数料の割合 5%
支払う手数料の総額 45万円(初回利用時は別途5万円前後の初期費用)
年利に直した場合 30%(売掛サイクル60日だった場合)

 

3社間ファクタリングの場合、継続利用するのが一般的です。

 

毎月買取してもらう売掛債権が1,000万円だった場合、毎月5%の手数料を払う流れになるので年利60%の計算になります。

 

3社間ファクタリングの安いところでは1%~1.5%ほどで対応してくれるところもあります。(診療報酬債権など)
手数料1%なら年利計算で12%ほどしかかかりません。

 

 

2社間ファクタリング20%で翌月支払いの売掛債権をファクタリング(民間業者による2社間ファクタリング)
売掛債権 1,000万円
掛け目 80%(800万円)
手数料の割合 20%
支払う手数料の総額 160万円(初回利用時は別途5万円前後の初期費用)
年利に直した場合 240%(売掛サイクル30日だった場合)

 

2社間ファクタリングは支払い日までのサイクルが短く手数料も高いので年利に換算すると割高です。

 

 

 

銀行融資、キャッシングの手数料

 

銀行融資は条件や付き合いによって金利は変わってきます。
1,000万円の借入であれば正規業者なら10%前後の金利になります。

 

また、年間で払う利息については返済回数によって元金の減るペースが変わってきます
短期間で返済できるのであれば、銀行融資は圧倒的にコストが安いです。

 

消費者金融や信販会社のビジネスローンや個人名義のフリーキャッシングは金利が高くなります。(100万円以上で15%が上限)

 

 

金利10%
借入額 1,000万円
1ヶ月後に一括返済した場合にかかる利息 83,333円
完済までにかかる利息総額 12回払い549,900円/36回払い1,616,175円/60回2,748,195円

 

 

金利15%
借入額 1,000万円
1ヶ月後に一括返済した場合にかかる利息 12,500円
完済までにかかる利息総額 12回払い830,990円/36回払い2,479,497円/60回4,273,919円

 

 

 

募集株式の発行

 

株式の追加発行は、金額の0.07%の登録免許税(3万円未満は一律3万円)と印紙代、司法書士などへの報酬がかかります。1,000万円の場合、登録免許税は7万円で報酬などの手数料を含めても総額で20万円弱です。

 

重要なのは手数料ではなく株式を買ってくれる人の希望条件や配当の有無です。

 

新たに株主が加わると、経営に口を出してきたり経営参加を希望されるなど面倒なことも増えてきます。

 

配当を用意した場合は、利益の出ている限り配当を払い続けないと株主から文句を言われるので長期的なコストは高くなるケースもあります。

 

募集株式の発行は経営者からしてみると、利益の出ていない会社ほど価値の高い資金調達方法ですが、資金調達を成功させるまでが難しいです。

 

 

 

クレジットカード現金化

 

クレジットカード現金化は決済したものに対して買取やキャッシュバックで現金化を振り込むサービスです。

 

優良業者の平均買取率は90%前後ですが、悪質業者は振込額を税抜き計算にしたり各種手数料をとって店頭表示は90%でも実質換金率は70%程度に落ちてしまうこともあります。

 

1枚のカードで1,000万円の決済を行えば換金率はかなりの好条件になりますが、大半の経営者は高くてもカードの限度額は200万円程度で、他の決済でも使っているので満額使うことはできません。

 

100万円程度の決済を繰り返し利用するのがよく見られる事例です。

 

なお、分割払いをした場合はカードの年利に基づいてクレジットカード現金化手数料とは別に利息も発生します。

 

 

1,000万円を95%で現金化した場合
手数料 50万円
1ヶ月後に1回払いをした場合で計算する金利 60%

 

 

100万円の現金化は90%で年に10回現金化
手数料 1回あたり10万円、年間で払う総額100万円
年利 100%(借入額は100万円で計算)

 

 

100万円の現金化は70%で年に10回現金化
手数料 1回あたり30万円、年間で払う総額300万円
年利 300%(借入額は100万円で計算)