ファクタリング・銀行融資・ビジネスローン・募集株式の発行などをご紹介。

MENU

資金調達の種類

 

資金調達について説明する男性

 

「お金がお金を生む」という格言は有名で、ビジネスをするにあたって資金調達の必要になる場面は多数あります。

 

現代において注目度の増している新しい資金調達方法「ファクタリング」に興味を持つ経営者の方のために、本当に他の資金調達方法よりメリットはあるのか検証してみました。

 

ファクタリングを使う場合でも、その他の資金調達方法の特性やファクタリングとの違いは理解しておくべきです。

 

ファクタリングと比較する資金調達法は以下のものがあります。

 

  • 銀行融資やビジネスローン
  • 募集株式の発行
  • キャッシング
  • クレジットカード現金化

 

融資のほかにも、ファクタリングと並んで利用者の増えているクレジットカード現金化との比較をしている点が当サイトの特徴です。

 

普通に銀行からお金を借りられない経営者はもちろん、銀行融資を受けるために費やす時間や手間、好決算による税金負担で悩んでいる方も必見です。

 

それぞれの資金調達法の仕組みと特徴を紹介します。

 

 

ファクタリング

 

ファクタリングは売掛債権を活用する資金調達方法です。

 

ビジネスにおいて、納品やサービス提供時に都度払いではなく、締め日と支払い日が決まっている売掛金による取引が一般的です。

 

請求書を発行して売掛金が発生したものを売掛債権と呼び、それを業者に買取してもらい本来の支払い日前に資金調達する仕組みです。

 

取引先の承諾を得る3社間ファクタリング取引先に知られずにできる2社間ファクタリングがあり、銀行などの金融機関の扱うこともあれば、民間業者が行っていることもあります。

 

金融商品ではなく売掛債権の売買契約を行う仕組みなので、貸金業の届出をしていない業者でもファクタリング業務を行うことができます。

 

ファクタリングの長所短所とは?

 

 

 

銀行融資やビジネスローン

 

すでに会社経営をしている人であれば説明不要でしょう。
名前の通り、銀行やビジネスローンを扱う消費者金融、信販会社から融資を受ける資金調達方法です。
資金調達したお金は月々の返済で分割して返済していくのが一般的です。

 

取引のない金融機関から借入するときは、初回に入念な審査を行われ資金用途や資金調達の目的によっては事業計画書を作成して提出するように求められることもあります。

 

融資実行と滞りない返済ができていけば、売上や業務内容に見合う金額であれば簡易的な審査で追加融資や再融資をしてくれます。

 

 

 

募集株式の発行

 

株式のチャート画像

 

俗に言う増資のことで、株式会社が新たに株式を発行し、その株券を買ってもらうことで資金調達する方法です。

 

株の発行枚数は増えると希薄化して1株あたりの価値が下がります。
経営者および親族以外に株主のいる場合は既存の株主へ事前に説明や承諾を取っておくことが望ましいです。

 

新しく発行した募集株式は既存株主に買ってもらう方法と新たな方に買ってもらい株主に加わってもらう方法があります。

 

なかには会社のお金はないけど、経営者の個人財産がある場合に経営者自らが増資分を引き受けて会社の資産を高めたり、会社が持分比率を高めたり資本金を増やして会社の信用力を上げるために、募集株式の発行を行った会社が自社で株を購入するケースもあります。

 

会社における資金調達時の増資は、新たな事業を始める際の準備資金など、資金調達できれば事業規模が拡大するような時に行われます。

 

第三者で買ってくれる見込みのない中で募集株式の発行をしても上場企業でない限り引受先は見つからないですし、利益を見込めるポジティブなものではなく、運転資金の悪化による内容だと既存株主でも買ってもらうのは難しいです。

 

小規模業者の場合は、新たな株主を増やすと物言いが入って面倒なことが増えるなどデメリットも多です。

 

資金調達の内容次第や発行された株式を買う相手によってメリット、デメリットは大きく変わってきます。

 

 

 

キャッシング

 

ここでいうキャッシングは、経営者の持っているクレジットカードのキャッシング機能や、個人名義で消費者金融からフリーキャッシングしたり、不動産担保ローンを利用することです。

 

資金難に陥っていて会社は赤字であっても、経営者には給与や役員報酬として支払い、確定申告で収入を申告していれば個人名義で借入をできる場合もあります

 

また、新規借入審査に通らない場合でも、持っているクレジットカードのキャッシング機能を使ったり、自宅を活用した不動産担保ローンによる資金調達方法などがあります

 

ただし、個人名義や個人資産を活用した資金調達は返済できなくなった時に会社を倒産させても借金が残ってしまうデメリットがあります。

 

財政難の会社だからこそ、個人資産には手を出さずに区別化する重要性が高いです。

 

 

 

クレジットカード現金化

 

クレジットカード現金化のイメージ画像

 

ここまでで紹介した資金調達方法のなかでも一番グレーな手段です。

 

クレジットカードのショッピング枠は高額な限度額設定をするのは簡単で、一度発行して利用実績を作れば、返済を滞りなくすることでいつまでも使い続けられます。

 

ショッピング枠は買い物やサービスを受けることを目的にしていてい、資金調達での活用はカード会社の規約で禁止されています

 

クレジットカード現金化はカード会社の規約の盲点をついたサービスで、ショッピング機能で一度買い物をさせて、商品に対して買取やキャッシュバックで現金に変える方法です。

 

事業者向けに条件を優遇している業者も多く、手数料を取られてもクレジットカードで商品を購入するので経費計上したり、契約不要でスピーディーに資金調達できるメリットがります。

 

 

 

利便性で選ぶならファクタリング

 

様々な方法がある資金調達方法ですが、いずれも手続きや審査に時間が掛かるものばかりであり、差し迫った資金難を速やかに解決するにはやはり「入金までのスピード」が何よりも大事と言えます。

 

中でもファクタリングは、債権の存在を証明出来る書類さえあれば即日入金が可能となっており、スピード面で高いパフォーマンスを誇っています。

 

また、現在ではファクタリングを専門に行う会社が全国に広がりつつあり、東京だけでなく大阪・福岡・広島等に対応した西日本エリアの優良ファクタリング会社が台頭し、より利便性が高くなっています。

 

資金繰りにお悩みであれば、是非一度試してみてはいかがでしょうか。